2009年09月30日

夏休みの日記

時期外れの夏休みが終わりまして、本日より社会復帰いたしました。


夏休みはモルディブの水上コテージでメンズ達を侍らせ、フルーツを食し、エステ三昧の日々を送る予定でしたが、祖母の遺言が「政権交代があった年の夏休みは松戸市から出てはいけない」というものでしたので、泣く泣くモルディブをキャンセルして、『歩行者より車が優先の街、松戸』から一歩も出ずに過ごしました。

知らないおばちゃんに「銀杏がなってるのよ!私初めて見たのよ!伊○丹で買うと500円ぐらいするのよ!でも手がかぶれるから獲れないのよ!」と繰り返し力説されたり、斜向いの家から定期的に絶叫が聞こえたりしました。

一々驚いてたけど、このへんの事はもしかしたら、
"私たちの松戸"に書いてある事かもしれない。


自宅では、冷や汁を腐らせて途方に暮れたり、5本も借りたDVDを全て期限内に返却できたり、眠りに落ちる直前に『干したシラスを黙々と袋詰めするおじさん』の夢を観たりしてたんですが、ごく平均的で平凡な夏休みっぷりで、わざわざ読んでいただいてる皆様に申し訳なく思いながら夏休みの報告を終わります。
posted by テラサワ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129214692
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。